Sator Imaging - はてなブログ

作業用のメモや、読んだ資料のまとめが置いてあります。 ※ 短編アニメ・映像制作 / VTuber / 各種 DCC ツール・ゲームエンジン / VR・Unity / https://twitter.com/sator_imaging

Leap Motion のセットアップから Unity への組み込みまで

2012年5月発売の Leap Motion を今更。 iPhone XLeap Motion で卓上キャプチャをしよう、というテストをする為に Unity に組み込んでいて、その時に調べたこと。

ダウンロード

まずはここから Leap Motionインストーラーをダウンロード。

Get Started with Our SDK — Leap Motion Developer

何故かデフォルトではベータ版のリンクがデカデカと書いてあるけど、  The latest installer is available here. のリンクから安定版をゲット。

v2 SDKMac, Linux には必要、Tool Tracking が必要な場合にも。

Tool Tracking って言うのは過去のバージョンに存在した、手に持っている鉛筆やなんかをトラッキングできた機能のこと(っぽい)。

基本的に Window を使っているなら、Orion の最新版をダウンロードする。(IKinema Orion とは関係ある??)

パッケージを開けたときに書いてある URL よりも、

Documentation — Leap Motion Developer

を見た方が、諸々良い感じにまとまってる。

Unity 向けアセット

次に Unity 用のアセットを。

Unity — Leap Motion Developer

Core Assets 以外にも色々とある。

サポートされている Unity のバージョン Now supports Unity 5.6.2, 2017.1-4, 2018.1. Note that the Interaction Engine Module requires 2017.4 or higher.

とりあえず Quick Setup を見ると、Oculus 1.3 runtime が必要だ、と。

Oculus SDK for Windows | Developer Center | Oculus

こっちもダウンロード。(結果いらなかった)

Quick Setup Guide 1. Ensure that you have the Leap Motion Orion software and the Oculus 1.3 runtime (if applicable) installed. 2. Download the Unity Core Assets (see above). 3. In Unity, go to File and click New Project… 4. Name your project and click Create Project. 5. Right-click in the Assets window, go to Import Package and left-click Custom Package… 6. Find the Core Unity package and import it. 7. From there, you’ll see three folders in the Assets window ? the Plugins folder and LeapC folder which contain all of our API bindings, and the LeapMotion folder, which contain all of our Prefabs, Scripts, and Scenes.

For full setup guides, examples, and other resources, see our documentation

Unity SDK のユーザーマニュアル

Unity Modules の説明はここ。

Unity Modules: Getting Started

動作確認

諸々インストールして、タスクバーの Leap Motion アイコンが緑になれば、セットアップ完了。

タスクバーのアイコンから起動できる Visualizer を使って試し撮りしたものが、こちら。